Welcome to my homepage

所在

名古屋工業大学


新着情報

  • 当研究室では,ポスドク研究員を募集しています(研究分野:機械学習,統計科学,データマイニング,最適化,人工知能,理論計算機科学他).ご興味のある方はお問い合わせください
  • 2016/06/30 新学術領域研究「生物ナビーゲーションのシステム科学」(領域代表:橋本浩一(東北大学・教授))が採択されました.当研究室では計画班「ナビゲーション研究のための統計的データ分析基盤整備とヒト移動データ分析」(2016-20年度,代表:竹内,分担:烏山他)として参画します
  • 2016/06/20 柴垣君(M2)がICML2016(アメリカ・ニューヨーク)でセーフスクリーニングに関する発表を行いました
  • 2016/06/02 竹内教授がThe First Korea-Japan Machine Learning Symposium(韓国・ソウル)で招待講演を行いました
  • 2016/05/12 中川君(M2)のパターンマイニングに関する研究成果がデータマイニング分野のトップ会議である KDD2016(採択率18%)にアクセプトされました(ArXiv1602.04548
  • 2016/04/25 柴垣君(M2)のセーフスクリーニングに関する研究成果が機械学習分野のトップ会議である ICML2016(採択率24%)にアクセプトされました(ArXiv1602.02485
  • 2016/04/01 新学術領域公募研究「データ科学に基づくポテンシャルエネルギー関数の効率的推定とプロトン伝導体への応用」(2016-17年度,代表:竹内)が採択されました
  • 2016/04/01 B4の5名(井上君,加藤君,米津君,リチャード君)が卒研配属されました
  • 2016/04/01 梅津佑太氏が特任助教として当研究室に着任しました
  • 2016/02/25 京都大学の山田誠先生のセミナーを開催しました
  • 2016/02/19 M2の4名(奥村君,丹羽君,平野君,矢嶋君)が修士研究発表を行いました
  • 2016/02/16 B4の4名(赤塚君,岩戸君,金森君,小谷君)が卒業研究発表を行いました
  • 2015/02/15 Selective Inferenceに関する研究成果をarXiv1602.04601に公表しました
  • 2015/02/15 秘密計算に関する研究成果をarXiv1602.04579に公表しました
  • 2015/02/15 パターンマイニングに関する研究成果をarXiv1602.04548に公表しました
  • 2015/02/08 セーフスクリーニングに関する研究成果をarXiv1602.02485に公表しました
  • 2016/01/25 材料情報学に関する研究成果がPhysical Review BarXiv1512.00623に採択されました
  • 2016/01/25 竹内教授が統計数理研究所主催の研究会で招待講演を行いました
  • 2016/01/01 Tam Le氏がポスドク研究員として当研究室に着任しました
  • 2015/12/21 竹内教授がEast Asia Regional Biometric Conference 2015で招待講演を行いました
  • 2015/12/17 竹内教授が計測自動制御学会主催の講演会で実験計画法と能動学習に関する社会人向け講演を行いました
  • 2015/12/06 柴垣君(M1)がNIPS(カナダ・モントリオール)でクロスバリデーションに関する研究成果を発表しました
  • 2015/12/03 材料情報学に関する研究成果をarXiv1512.00623に公表しました
  • 2015/11/26-27 烏山助教,平野君(M2),高田君(M1),柴垣君(M1),中川君(M1)がIBIS2015のポスターセッションで発表しました(平野君の発表が対してベストプレゼンテーション賞に選ばれました)
  • 2015/11/25 竹内教授がIBIS2015の学習理論セッションでセーフスクリーニングに関する講演を行いました
  • 2015/11/24 竹内教授が日本学術会議でSelective Inferenceに関する講演とパネルディスカッションを行いました
  • 2015/11/23 当研究室ではポストドクター研究員を応募しております[募集要項][Application Info in English](募集は終了しました)
  • 2015/11/20 烏山助教が,さきがけ「理論・実験・計算科学とデータ科学が連携・融合した先進的マテリアルズインフォマティクスのための基盤技術の構築」に採択されました
  • 2015/11/12 ベルリン工科大学の中島伸一氏が本研究室を訪問され,ビッグデータ分析に関するセミナーを行っていただきました
  • 2015/10/05 機械学習とデータ科学に関する国際ワークショップを開催しますので奮ってご参加ください.国内外14名の招待講演があります: WSのウェブサイト
  • 2015/09/28 矢嶋君(M2)が電気関係学会東海支部で発表しました
  • 2015/09/18 竹内教授が主たる共同研究者として参加するCRESTプロジェクト(代表:東京大学・津田宏治教授,2015〜2020年度)が採択されました
  • 2015/09/17 竹内教授が金属学会で基調講演を行いました
  • 2015/09/11 竹内教授が応用数理学会で高次相互作用モデルの学習に関して発表しました
  • 2015/09/09 竹内教授が応用数理学会の論文賞(サーベイ部門)を受賞しました
  • 2015/09/05 柴垣君(M1)のクロスバリデーションに関する研究成果が機械学習のトップ会議である NIPS2015(採択率22%)にアクセプトされました
  • 2015/08/31 花田特任助教,鈴村君(D3),柴垣君(M1),中川君(M1),高田君(M1)がMLSS Kyotoでポスター発表を行いました
  • 2015/08/13 奥村君(M2)がKDD2016(オーストラリア・シドニー)で逐次学習に関する発表を行いました
  • 2015/08/08 竹内教授と烏山助教による教科書「サポートベクトルマシン」が発売されました
  • 2015/08/01 竹内教授と烏山助教が物質材料研究機構(NIMS)の招聘研究員に就任しました
  • 2015/07/30 鈴村君(D3)がMIRU2015で招待講演を行いました
  • 2015/07/14 SVMのロバスト学習に関する研究成果をarXiv1507.03229に公表しました
  • 2015/07/02 竹内教授がベルリン工科大学でsafe screeningに関するセミナを行いました
  • 2015/06/26 高次相互作用モデルの学習に関する研究成果をarXiv1506.08002に公表しました
  • 2015/06/26 高次相互作用モデルの統計的推測に関する研究成果をarXiv1506.07997に公表しました
  • 2015/06/23 IBISML研究会にて鈴村(D3)と中川(M1)が研究発表を行いました
  • 2015/06/23 モデル選択に関する研究成果をarXiv1542.02344に公表しました
  • 2015/05/13 奥村君(M2)の逐次学習に関する研究成果がデータマイニングのトップ会議である KDD2015(採択率19%)にアクセプトされました(ArXiv1504.02870
  • 2015/05/07 鈴村君(D3)が日本生体医工学会にてポスター発表を行いました
  • 2015/04/14 逐次学習に関する研究成果をArXiv1504.02870に公表しました
  • 2015/04/01 烏山助教着任, 花田特任助教着任, 新4年生5名正式配属しました
  • 2015/04/01 竹内研究室ホームページ新開設しました

最近の主な研究業績

  • Suzumura S., Nakagawa K., Tsuda K., Takeuchi I. An Efficient Post-Selection Inference on High-Order Interaction Models arXiv1506.07997 [pdf]
  • Nakagawa K., Suzumura S., Karasuyama M., Tsuda K., Takeuchi I. Safe Feature Pruning for Sparse High-Order Interaction Models arXiv1506.08002 [pdf]
  • Okumura S., Suzuki Y., Takeuchi I. Quick sensitivity analysis for incremental data modification and its application to leave-one-out CV in linear classification problems arXiv1504.02870 [pdf]
  • Shibagaki A., Suzuki Y., Takeuchi I. Approximately optimal selection of regularization parameters in cross-validation for regularized classifiers. arXiv1542.02344. [pdf]
  • Suzuki Y., Ogawa K., Shinmura Y., Takeuchi I. An Algorithmic Framework for Computing Validation Performance Bounds by Using Suboptimal Models. arXiv1402.2148. [pdf]
  • Ogawa K., Suzuki Y., Suzumura S., Takeuchi I. Safe Sample Screening for Support Vector Machines. arXiv1401.6740. [pdf]
  • Suzumura S., Ogawa K., Sugiyama M., Takeuchi I. Outlier Path: A Homotopy Algorithm for Robust SVM., ICML2014. [pdf]
  • Takeuchi I., Hongo T., Sugiyama M., Nakajima S. Parametric Task Learning. NIPS2013. [pdf]
  • Ogawa K., Suzuki Y., Takeuchi I. Safe screening of non-support vectors in pathwise SVM computation., ICML2013. [pdf]
  • Ogawa K., Imamura M., Takeuchi I., Sugiyama M. Infinitesimal annealing for training semi-supervised support vector machines., ICML2013. [pdf]

▲pagetop